« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

2005年10月31日 (月)

デッドエンド( from 神前葵&旧月晴音)

「終わりは必ず来るわ。始まらない終わりがないのと同じ。終わらない始まりもないんだから」
「それでも、終わりを渇望することと終わりを惜しむこと。その差は大きい。あなたも本当は判ってる」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月30日 (日)

常夜灯( from 刻)

街が、壊れていると感じる時がある。
聞こえる声が、足音が。淀みを残したままで抜ける風が。原色で光り続けるネオンが。

フラリ。

体がよろめいてすれ違う人に突っ込みそうになる。
顔を上げることが出来なかった。

久々に街が、この街の夜が−−怖いと思った。

今日の買い物カゴ

・草迷宮  泉鏡花(岩波書店)
・永遠の森 博物館惑星  菅浩江(ハヤカワ文庫JA)
・会社員のメロディー ⑦ 大橋ツヨシ(竹書房)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月28日 (金)

ドールオブウィズダム=魂の歩行体( from ピスクドール)

「何も語らず、恭順もせず、抗いもせず、
ただ実践するのみ。
それが−−正さの証明」

今日の買い物カゴ

・人名の世界史 辻原康夫(平凡社新書)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

深度( from 槍司&晴音)

「助けてくださいってすなおに言ったら、聞いてやらないこともない」
「うるさい、馬鹿」

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年10月26日 (水)

幼なじみ( from 海原美魚 for 浦島千星)

あの娘はたまたま偶然、わたしの隣にいただけ。わたしの横で勝手に走り回って勝手に転んで勝手に泣いた。 あの娘がわたしにしたのはせいぜいそれだけ。隣にいただけ。


でも、どれだけそれが大切なことだったかのか。いなくなってはじめて気がつくなんて、陳腐で愚かだと思うけど。今のわたしにあるのはそんなものとは違う、ただの虚だけど。いつかそんな風に思ったりするんだろうか。

勝手に−−いなくなってんじゃねぇよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月25日 (火)

ナイトリキッド( from 香緒美&一庭<いちば>)

「血が流れることなんて望んでない!そんなの知らない!」
「お前の舌は血の味を覚えてる。それは最後の時に、お前を裏切る」

今日の買い物カゴ

・るくるく⑤ あさりよしとお(講談社)
・ガンスミスキャッツ<新装版>④ 園田健一(講談社)
・春期限定いちごタルト事件 米澤穂信(創元推理文庫)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月24日 (月)

スピンリップ( from 九条槍司)

「『生まれてくるのも選べないんだから』?『せめて死ぬときくらいは選ばせろ』?
今まで選べる機会を見送っといて、選択のタイミングには振り逃げといて?
調子がよすぎんじゃねーの」

今日の買い物カゴ

・破獄 吉村昭(新潮文庫)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月23日 (日)

ふたりのとき( from 香緒美&晴音)

「時計の時間は、一周してまた戻ってくるけど、
砂時計の時間は落ちたらそれっきり戻らない。ちょっと、切ないよね」
「ぐるぐる同じとこから抜け出せない方が、残酷だと思うけど?」


今日の買い物カゴ:

・賽の目繁盛記① Dr.モロー&スタジオ寿 (ホビージャパン)
・賽の目繁盛記② Dr.モロー&スタジオ寿 (ホビージャパン)
・玄人のひとりごと4 中島徹(小学館)
・会社員のメロディー⑥ 大橋ツヨシ(竹書房)

以上すべて古本

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月22日 (土)

ダイアローグ( from 刻&一春)

「足を止めたら死ぬって時、たまに無い?」
「……キミは鮪か」


本日の買い物カゴ:


・エレキング2 大橋ツヨシ(講談社)
・エレキング3 大橋ツヨシ(講談社)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひっかかり( from 神前葵)

ひたすら、ただひたすら研ぎ澄ました心が、脆いとも儚いとも思わない。
でも、鋭くなりすぎた心は何かを貫くことでしかその存在を示せなくなる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月20日 (木)

フリーズ( from 創<はじめ>&奏絵<かなえ>)

「ぼくは……ぼくはキミが……」
創が唇を震わせながらつぶやいた言葉は、今も鼓膜を震わせ続けている。
「キミが、怖い」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月19日 (水)

いつかの未来( from 神前葵&九条剣介)

「テレビもラジオもパソコンもなくなったらどうする?」
「本があるよ」
「そーゆーの全部」
「キミがいるよ」
「じゃあ……わたしもいなくなったら?」
「夢でも見ようか。キミの夢」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月18日 (火)

イマジナリーフィスト( from オズワルド&九条剣介)

「個人としての『正義』なんて結局『合う』か『合わないか』だけだ。だったら我々は集団意識としての『正義』を信じるしかない」
「それも結局、『誰か』の正義だ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月17日 (月)

executioner( from 刻)

彼女が笑った理由に、
彼女の涙の理由を、

ぼくだけは気づいてよかった。
ぼくだけは気づかなけりゃならなかった。

彼女が、壊れていたことに。


本日の買い物カゴ:

エレキング① 大橋ツヨシ(講談社)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月16日 (日)

迷路<メイズ>の導糸<みちいと>( from 泉水雪乃<いずみゆきの>&吉川万里<よしかわばんり>)

「さぁ行くぞ、少年!愛のために」
「言ってて恥ずかしくない、おねーさん?」
「『恥ずかしい』なんて言ってたら、世界は誰かに奪られちまうのさ」
「……」
「お姫さまもね」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キモチの単位( from 九条槍司)

「目に見えるものなんて誰でも見れる。でもホントに大事なものはたぶんそこにはないんだ」


本日の買い物カゴ:


パニポニ② 氷川へきる(スクウェアエニックス)
ファンタジアバトルロイヤル(富士見書房)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月14日 (金)

ディスタンス・フォー…( from 刻)

叫んだ。
声を張った。

吹きすさぶ風に消されないように、
心が揺らいで飛ばされないように、
自分で口を、ふさがないように。

創菜の笑顔が見えた。
ほとんど泣き笑いのような笑顔。

届いた。








本日の買い物カゴ:

本の雑誌(本の雑誌社)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月13日 (木)

その一歩前( from プロキオン&刻)

「あの娘は、死ぬぞ。そう遠くない。いや、消えると言ったほうがいいのか」
「繋ぎ止める」


今日の買い物カゴ:

最短不倒距離 都筑道夫(角川書店)
朱漆の壁に血がしたたる 都筑道夫(角川書店)
※以上古本
クラウド・コレクター<手帖版>雲をつかむような話 クラフト・エヴィング商會(筑摩書房)
ぱにぽに① 氷川へきる(スクウェア・エニックス)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月12日 (水)

焦痕の引鉄( from 桐畑祥護<きりはたしょうご>)

「拳銃でも引き抜くみてーだな」
ぼくがズボンから財布を引き抜くのを見て、友達が笑った。
ぼくは苦笑して、心臓に湧いた汗を拭う。
一度ついた癖は抜けないらしい。
体はまだ、怖れることを覚えてる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月11日 (火)

ゆずり葉( from 九条剣介&旧月晴音)

「当たらない銃なんて欲しがるのは自殺マニアと手品師だけだ。同じだよ晴音くん。力を御せない魔法遣いは、迷惑なだけだ」
「根こそぎ吹き飛ばすまでだ。関係ない」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月10日 (月)

決意の同位( from 刻&創菜)

「伸ばせるだけ、とにかくこの手を伸ばしてみてやる。
キミがまだ、この世界にいるうちに」

「全部言ってやるんだ、言いたいことは全部。遠慮なんかするもんか。わたしがまだ……この世界にいるうちに」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 9日 (日)

忌避( from 九条剣介)

「僕と君では立っている場所が違うんだ。ちょうど塀の上と下ぐらいにね。その刃は……届かない」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 8日 (土)

プライドシーソー( from 叶一郎<きょういちろう>&トラン=キル=ヴァン )

「この刃に賭けて」
「やめときな。ロマンチストは、早死にするぜ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 7日 (金)

アイデアル・プレイヤー( from 天河鋭耀<あまかわえいよう>)

拳が風を切った後に衝撃音が一つ。
金属性の指輪に叩き折られた歯が、場違いなきらめきを残して宙を舞う。
「ノイジー(耳障り)だな。失せろ」
鋭耀(えいよう)がはめっぱなしにしていたイヤフォンを外した。
「駄音の元凶に、価値なんざねぇんだよ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 6日 (木)

馬鹿と愚かの対比式 No.1( from 晴音&槍司)

「右手が」
槍司がギプスに包まれ吊られた腕を掲げてみせた。
「このザマで、アバラが」
さらにシャツをまくり上げる。包帯を巻きまくった脇腹がのぞく。
「こんなだ。バカひとり殴れねぇ」
「そんなマヌケな大馬鹿に殴られてやる趣味はない」
「……探してたぜ、みんなが」
「ああ」
「……香緒美も」
「……うん」
「『おかえり』……?似合わねぇし、香緒美が言うからいいよな。まぁ……お疲れさん、俺も少しは、探した」
「ん」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 5日 (水)

馬鹿と愚かの対比式 No.2( from 香緒美&晴音)

「探したんだから!」
「うん」
「心配したんだから!」
「……うん」
「喜んでなんか、泣いてなんかあげないんだから!」
「……」
「おかえりなんて!おかえり……なん、て……」
「ただいま」
「……おかえり」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 4日 (火)

ファントム・ペイン(from マオ)

「こわくなんかない!ただ……ただ……つらい。眠らずに夜を耐えるのは」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 3日 (月)

逸脱( from シャム&旧月晴音)

「うまくやったつもり?」
「……」
「なら残念。キミはまだ時空羅針儀(クロノス・ジャイロ)の手の中よ。時針の鎖は、断ち切れてないし、断ち切れない」
「どうだろうね」
「?」
「ぼくはバトルディクト(戦うための辞書)。この程度で躓く……訳がないだろう?」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 2日 (日)

諦観( from 晴音 for 香緒美)

「聞こえない声は叫ばないことと同じだよ。結局……届かない」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 1日 (土)

骨啖み鳥の艶笑( from 川咲梢佳<かわさきしょうか>)

骨啖み(ほねはみ)鳥という鳥がいる。
人の骨を好んで喰らうその鳥に喰われると、ただ生きているだけの醜い肉の塊に成り下がってしまうらしい。
それなら、はじめから骨なんて呼べるものを持たない者はどうなってしまうのだろう?
ただ頭を下げたままで毎日をやり過ごしている者は?


……わたしは?


もし出会うことがあったら教えて、骨啖み鳥。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »