« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月31日 (水)

no name no cry( from 射空&槍司)

「嘘だね。ヒトにある『ホント』は殺《ヤ》る気と犯《ヤ》る気だけなんだな」
「…ハル2号かよ…」
「お兄ちゃん。お兄ちゃんは――ハルっちより強い?」
「んな価値観に意味はないぜ…っつってもとどかねーんだよな、たぶん。じゃあ――『当たり前だ』」

-----------------------------------------------------------------------------

買った。

404361111001_pe00_ou09_scmzzzzzzz_v51597

宮部みゆき
ブレイブ・ストーリー(上・中・下)

※写真は(上)

角川書店


まぁ例の、「本を買う日」が来ていたのでそれに合わせての購入となったわけですが。

正直迷った。

いや、「ブレイブ・ストーリー」自体はハードカバー出た時点で「んー文庫化したら買おう」と思ってたので別に構わないんですが、

実は、角川スニーカー版(ページ下)が出るんですよね。

原作至上主義者かつラノベ読みであるぼくとしては「んー」と思って揺れたんですが、結局角川文庫版を買いました。

上中下あると結構圧巻ですね。

映画等動きが旬のうちに読もうとは思っています。

小学5年生の少年が異世界で冒険。

いいですね。んー実にいい。

映画も、ポスター見る限りじゃ絵柄も好みで観てみたいなぁと思いますが、原作至上主義者としてはまず原作なので、上映期間中には無理かな、と思っています。

なんか普通の感想だ。OLの日記か!?

Q.モキチさんはなんか最近やたらとOLを敵に回してる気がしますが何かありましたか?

A.別にありません。わかりやすい「オシャレ」方面の仮想敵国です。

Q.ホントに?

A.ホントです。あ、でも満員電車の中で自意識過剰になってるやつに関しては何かの拍子に鼻骨を砕いてやろうと思ってますが、どっちかって言うと今日スーパーの中で騒ぎまわってたクソガキどもの方がクソムカついたので、あいつらはクソおっ死ねばいいのになぁと思ってます。「まぁまぁ彼らはほら、未来の宝ですから」とか言われた場合はじゃあクソ奴らのクソ余命を全部ボクチンに寄越しやがれませ、有効に使ってやんよ!40年分くらいは闇雲に穴を掘ってすぐ埋めるって作業の繰り返しとかで!!とか思います。

Q.子供キライですか?

A.はい。


という訳で本棚に追加(そんな後味の悪い終わらせ方もないだろう)。

・ブレイブ・ストーリー 上、中、下 宮部みゆき
・ソードワールドサポート1 清松みゆき グループSNE
・もやしもん1 石川雅之
・カラー版 妖怪画談 水木しげる
・ミッションスクール 田中哲弥

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月25日 (木)

旧譜の休符( from 晴音&香緒美)

「じゃあ、さよ――」
「またね!」
「ああ、さよな――」
「またね!」
「?」
「『さよなら』は、キライなの」

--------------------------------------------------------------------------

さて、そういうわけで、

406275394401_sclzzzzzzz_v51609459__1
ビート・キッズⅡ

風野 潮

講談社文庫


です。

題材が「ロック」ってこともあり、1よりもさっくり読めました。

2冊読んでまとめの感想としては、

面白かった。そしてその面白さのキーは、

「風野潮という作家が『横山英二』というキャラクターを生み出したこと」

だと思う。

ぼくの大好きなマンガに、やまざき貴子の「っポイ!」というシリーズがあるのですが、このマンガで、やまざき貴子が「天野平」というキャラクターを生み出したこと、それがよく似ていると思う。

459217684701_sclzzzzzzz__2
「っポイ!」(1巻画像見つからず24巻のもの)

やまざき貴子

白泉社花とゆめコミックス



ひねたキャラクターよりも、まっすぐなキャラクター。まっすぐなことを言っても嫌味やクサさに繋がらないキャラクターを生み出すことの方が難しい。

今回の「ビート・キッズ」の「横山英二」はそういうキャラクターであり、だから物語は健全さを保ったままで深みをまして、ぼくは素直にこのキャラクターを愛しいと思い物語を読むことが出来た。

特別尖りまくったストーリーでもなんでもなかったのだけれど、この物語が面白かったのはそういうことだ。

以上。簡単だけど感想。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月24日 (水)

無敵の霧笛( from 射空VS響希)

「無軌道な魔法遣い《クロック・ブラウザ》なんてほとんど害悪ね。で、大抵の魔法遣い《クッロク・ブラウザ》が揃いも揃って無軌道なんだから――たちが悪すぎるわよ」
「ぎゃーぎゃーノイジーでシャラップなんだな。能力無しのバンピーにキョーミなんかないんだな。ゴーアウェイでとっととどいてくんないかな」
「言葉まで壊滅?絶望ね」
「…こわしちゃうよ?」
「脅してるつもり?」

---------------------------------------------------------------------------

長く「本読み」なんてやってると、「本が招く」とか「本に呼ばれた」とかそういうことがたまにあるみたいですね。実際ぼくも何度か体験したような気もしますが。

それは例えばもうずっと読み続けている「シリーズ物」であるとか、事前の情報があって「おもしろそう」と思って買いに行く本ではないので、なんとなーく自分のアンテナに引っかかってくるということになるのですが、ぼくと友人1名はそういう本のことを「いい匂いのする本」って読んでます。

「博士、この本、この本いい匂いがしますよ」
「何!本当かね助手君!!」
「はい、この通り。クンクン」
「クンクン」
「クンクン」
「クンクン」
「クンクン」
「クンクン」
「クンクン」


「うむ、確かにいい匂いだ!でかしたぞ助手君!」
「はい!博士!」

当然店先でこんなやり取り繰り広げてればね、エビちゃん風OL、いや、言いすぎた、エビチリちゃん風OL、まだ弱いな、腐りエビキチン臭風OLはね、言うわけですよ。

「まぁなにこのクソ虫さんたちは。誰かさっさとコレをジェノサイドしてくれないかしら。誰か持って無いのかしら、『ボルケイノスプレークソ虫ころり』」

みたいなね。

声に出さなくても顔が言ってるんですよ。とくに眉と眉の間のシワがね!

もちろん本当に「いい匂い」がしてるわけじゃないですよ(何事も無かったように本題に復帰)。わかってますって。

で、

今回紹介する「いい匂い」のする本。

406275365001_sclzzzzzzz_v55046006_

ビート・キッズ

風野 潮

講談社文庫



もとは児童文学らしいです。

ということはですね、皆さんお気付きのようにあさのあつこの「バッテリー」の流れに連なるものなんだと思います。

もともと面白いものとしてあったはずなんですが、「児童文学」という枠で囲われてしまっていたため中々ぼくらの目の当たりにくいいたものを一般向けに出してみたら大ヒット。の「バッテリー」。じゃあそれに続いてみようという流れですね。

正直この流れはすごくありがたい。

おかげで「児童文学侮りがたし!」という認識はしっかりぼくの中に根付きました。

で、「ビート・キッズ」なんですが、実は「Ⅱ」が新刊として出てたんですよ。それが面白そうだったのでとりあえず1巻目を購入してみました。

面白いです。

関西弁の口語で進む物語で、中学校のブラスバンド部を舞台に、主人公の「英二」とその親友になる「七生」という二人の少年の物語が進行します。

ぼくは関西圏の人間ではないのでほとんど偏見なのですが、この関西弁が入ってくると、結構ヘビーなエピソードでもなんとなく力強く、前向きに感じられるから不思議ですね。

ぼくは「バッテリー」を全部読んでいないのでなんとも言えないのですが、ある意味あの突き詰めてストイックな魅力と比べる(別に比べる必要は無いのですが)と、少し歪で、砕けていてる感じです。題材が「音楽」っていうのも含めた辺りで「ぼく寄り」かなと。

ただ別に音楽に詳しくなきゃ面白くないとかそういうことではなくて、主題は少年二人のドラマで、その「ヤマ」と「タニ」の盛り上げ方がうまいのでぼく以外が読んでももちろん十分面白いと思います。

ぼくの好きな「ちょっとバカっぽいけどまっすぐ突き進むタイプの少年」と「クールな天才型の少年」というパターンが出てきます。ぼくのが好きなキャラクターは当然後者の七生くんです。

あと、この本に関していえば装丁。装丁で持ってかれた感じはある。

「背中を突き合わせたコンビ」という図に弱いのかもしれない。

現在「ビート・キッズⅡ」に取り掛かり中。

こっちではロック・バンドを組みます。

はいわりとど真ん中。

という訳で本棚

・ビート・キッズⅡ 風野潮
・ミッションスクール 田中哲弥…未読の田中哲弥作品文庫化。楽しみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月22日 (月)

哲人の鉄刃( from 弓野射空《ゆみのいそら》&晴音)

「あ~あ、上着もスカートもボロボロ…ギャ!ブラウスも!やるじゃんハルっち。さすが戦辞書《バトルディクト》」
「…」
「あ、目がエッチになってる」
「なるか」
「見たいのはあのコだけってワケなんだそーなんだ。そーゆわれちゃうと嫉妬だなぁ。そんなに大きさ変わんないと思うけどなぁオッパイ。どーかな?」
「…」
「赤くなった」
「バカにしてるのか?」
「それはこっちのセリフなんだな、ハルっち。手加減したっしょ?」
「…」
「ヨユーだね?」
「…」
「カッコいいね。サイコーだよ。でも、あんまヨユーぶっこいてっと――死んじゃうゼ?」

--------------------------------------------------------------------------

なんかいっぱい本が出てたのでいっぱい購入。

いずれも本棚に追加です。

・ZOO1  乙一
・ZOO2  乙一
・ビート・キッズ  風野潮
・GOSICKsⅡ-夏から遠ざかる列車-  桜庭一樹
・鋼殻のレギオスⅡ サイレント・トーク  雨木シュウスケ
・赤ずきんチャチャ5,6  彩花みん

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月17日 (水)

心の庫頃( from 槍司&響希)

「自分から牙を抜いて、口をとじ、手足を縛って自分から鉄格子付きの檻に閉じこもった狼。そいつを羊の群が無数のおびえた目でなぶり殺す。起ころうとしてるのは――そーゆーことだ」
「……狼を、助けに行くわけね」
「わっかんね。羊を、殺しに行くだけなのかもな。お前はどっちに付く、響希」
「まったくあなた達は浅はかね。純粋な二択など理論の中にしか有り得ないのよ。私は――私のやり方でやるわ。勝手にくくらなことね」
「上等だ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月15日 (月)

新帆の進歩( from 響希&槍司)

「悔しい?」
「別に」
「そう。最低ね」

----------------------------------------------------------------------------

昨日はまぁなにやら訳不明の事態でデータが飛びやがったわけですが。

今日も今日とてバックアップを取ることはなく一発勝負で人生を進めていこうかと思います。たぶんそのうち死んじゃうんでしょうね、ぼく。

携帯の機種変更をしました。

あまり業績の振るっていないvodafoneのユーザーなのですが、実はvodafoneに決めたときには理由がありました。

J-フォン時代にKENWOODというオーディオメーカーが電話機を作っていたのです。

で、当時KENWOOD製品がお気に入りでコンポやらポータブルプレーヤーを使っていたぼくは記念すべき携帯電話第1号にKENWOODを選んだのです。

以来機種変の度にKENWOOD製にしてきました。

KENWOOD機の特徴としましては、

・形が訳わかんない
・操作性が訳わかんない

という点が挙げられます。

絶対スマートじゃないんですよ。でもとりあえずどこにもないデザインと操作性。なんかそれが気に入って、周りに使ってる奴を一人も見かけないまま使い続けてました。

しかしですね、KENWOOD、撤退しちゃいまして。

前回の機種変では困ったんですよ。

とまぁ昔話はこのくらいにして本題に。

前置きなげーな!

そういうわけでここ1年ほどSHARP製の物を使ってたのですが。

ここにきてコレが…

Main_new3




待ってた!こういうの待ってた!

じつはこのNOKIAがvodafoneに参戦したときにもそのデザインに「お?」と気にはなったのですがちょっとまだかっこ悪かったので見送ってたんですけど、

今回のこいつの新色に関してはデザイン的に完全にぼくのツボですね。

もともとパッチンタイプの嫌いだったんですよ。主流になってしまってはいますが。

で、購入したんですけどね。

使いづらい。

しょーじき、使いづらい。

というか普通の携帯と操作体系が全然違う。

はじめはメチャメチャとまどいましたよ。だって電話かけらんねーんすから。携帯屋の人も「だいぶクセありますよ?」って聞いてきたのを「望むところよ」と男らしく買ってきたものの…。

けどね、二日触ってたら慣れた。

そしたら面白いわ、これ。

パソコンとデータのやり取りが簡単に出来るのでぼくみたいにある程度パソコンを毎日使うような人間にはありがたい。PCの壁紙とかも使えるし。

で、昨日まではさっぱりわからなかったんですけど少しずつ自分好みに変えられるようになってきて面白いですわ。

という訳でしばらくは、電話機の話をするかもしれません。

まとまんなくてすみません。

本棚

・クッキングパパの絶品ひとり暮らしレシピ うえやまとち
・日本プラモデル興亡史 子供たちの昭和史 井田博

を追加。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月14日 (日)

極先の曲線( from 創菜&刻)

「カーブの向こうには、いつだって新しい世界が待っているのさ」
「ぶっつり途切れた、『世界の果て』がな」
「もう、素直じゃないなぁ」
「やっかいな幼なじみのおかげでね」
「やっかいなついでに連れてってあげる」
「?」
「その、さらに向こう側へ」

------------------------------------------------------------------------

45分ほどかけて書いたものが消えました。

プロキシのエラーだそうですが…ネットなんて信用するもんか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 4日 (木)

dessert of desert"乾く心と溢れる涙"( from 響希&槍司)

「苦くても平気」
「…」
「辛くても平気」
「…」
「しょっぱくても、酸っぱくても、最悪不味くても飲み込める。そうやってきた」
「…」
「でも、今泣きたくてしょうがないのよ。どうしてかしらね」
「アンタには極上の食後《ハッピーエンド》を味わう権利がある。証明してやる。プレゼントフロム俺、だ」

---------------------------------------------------------------------------
Dscf0091





買うたりましたわ。

Dscf0097





中はこんな感じ。

ま、説明不要で、ぼくらの世代の軽薄読書小学生(ぼくのことですわな)が本を読み出したおそらくもっとも多いと思われる入り口。このシリーズがなかったらぼくなんて活字を読むようになっていなかったんじゃないでしょうか。

全50巻を持って完結したって話はもう昨年の段階で知ってたんですけど、まぁ後半はほとんど読んだことないし場所とるしなので文庫版出たら全部揃えといてもいいなぁなんて思ってたんですが、どうやらすでに出てた模様。

「買わねば!」

ってなって購入してみました。

圧巻。

まぁ当然ながら中には持ってるのもあるんですが、この際セットで持っておいてもいいかなと。今から全部読むのかと聞かれればおそらく「ノー」で、「またかよお前!読めよ!」的な話になりそうですが、今回のこのやや高めの買い物に関しては訳があるんですよ。

一つは、作者の那須正幹さんに「ありがとう」と「お疲れさんです」の気持ちを込めて。いい仕事にはキチンと対価を払う。そうすることで健全な市場って回ると思うので。あの頃とにかく図書館で借りまくってた小学生が今、お礼を込めてという意味で。

二つ目は「お守」的な意味で。

結局この「ズッコケ3人組シリーズ」ってのはぼくの原点なんですよね。これを読むことで「活字」で書かれた「物語」をはじめて面白いと思うことが出来た。ぼくが感じる面白さ、表現してみたいと思うエンターテイメントの面白さ、その原点はここにあると思っています。

今回このセットの背表紙を眺めながらなんとなく当時の感覚を思い出して気付いたのは、ぼくにとっての「小説」っていうのは結局「日常」の先にある「理想の非日常」を体験させてくれるもののことなんだなということ。

簡単に言えば「ああ、これ楽しそうだ」「こんなことあったらいい」「出来たらいい」。まぁ「ドラえもん」の感覚と根っこは同じなんでしょうけどややさじ加減が違う。

あくまで「日常」から陸続きで歩いていける距離にある「こんなことあったらいい」。

「ズッコケ3人組」が他のものと一線を画してぼくに響いたのは、魅力的な登場人物と、斬新なテーマがあったのは間違いないと思うのですが、それが「日常」の壁一枚隔てたすぐ隣にあったということは大きく関係していないかなぁと思ったりします。

ぼくは面倒くさがりで、あまり深く物事を考えることも出来ないたちなので、なんかすごく高尚なテーマを持ち上げられたり、人間の内面に深く潜っていかれたりしてもわかんないんですよ。

ま、そんな自分の方向性への意味を込めての「お守」という訳で。

まぁただもちろん単に「判りやすい」だけの物語が面白いわけはなく、ズッコケ3人組が確固たる位置を築いたのは「甘くないリアル」だと思います。何でもかんでも「めでたしめでたし」で終わらせるのではなく、「苦さ」を含めた喪失とか、やりきれなさ。それを少年3人組の目からキッチリ描いて見せたことにその価値があるのかと思います。安易なハッピーエンドよりも心をゆさぶるアンハッピーエンドを、ぼくは望む。

本棚に追加

・よつばと!⑤ あずまきよひこ
・されど罪人は龍と踊る Assault 浅井ラボ
魔法薬売りのマレア 千日カゲロウ ヤマグチノボル

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »