« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月22日 (日)

跳躍の超訳( from 剣介)

「『魔法《クロック・ブラウズ》』は過去へ逃避するものじゃない。未来を臨まないものが時空《とき》を跳ぼうだなんて、サイアクの冒涜だ」

---------------------------------------

こんにちは、夢幻燈本舗のモキチです。

お、なにやらこの入り方ってしんせーん。

で、みなさん当然あれですよね、観てくれましたよね。

「時をかける少女」。

個人的には挿入歌である「変わらないもの」のピアノイントロが流れ出し、

ドン…………

ドン……

ドン!!!

「いっけぇー!!!!!!」

の真琴の三段跳びのあたりから背筋ゾクゾクの鳥肌が立ちっぱなしだったんですが皆さんはいかがでしたでしょうか。
ってか始まった時点でラストが頭ん中で再生されて軽くエグエグなってたんですけど。
なんかもう病気なんですけど。

あ?

観てない?

TSUTAYAでもGEOでも行って借りて…、いや、買って来い。

まぁそんな訳でいつになく強気な夢幻燈本舗なのですが。

複数回見ていると、結局この映画は「感じさせる」というところに技術があるのかななんて思います。

最近、ぼくが考える「いい物語」というのはこの「感じさせる」という点に優れた作品ということになる気がします。

「感じさせる」というのは、なんだかひどくぼんやりしててとらえどころがない気がしますが、かなりかっちりと説明がつくんじゃないでしょうか?
たぶんそれは物語の裏にある「仕掛け」「システム」を、つくり手の側だけが把握しているものであるとし、秘匿してしまう技術です。つくり手は仕掛けを施しそこに理論的な物語構築を行う。見ている側にはそんなものがあると感じさせないように。
だから見ている側は理由がわからないんだけどなんとなく喜怒哀楽といった感情を引き出される。これが優れた物語なんじゃないかなと思います。

「ここが面白いんですよ」と説明するギャグが面白くないのと同じように、ストーリーとキャラクターたちの感情をすべて説明しきって限定してしまう物語が面白い訳はない。
そこには見る側が「想い」を差し挟むことのできる余地が残っているべきです。なぜ登場人物たちの相関の距離が変化したのかと、どんなことを考えたのか、とか。それを「感じ」ながら感情移入が出来るって大事なんじゃないでしょうかね?
メディアの情報量が増えればるほど下手すれば「説明できる」ことは増えてしまい、受動することが主なメディアになればさらに顕著となります。だからそこにぼくらの「想い」を差し挟む余地、そして「感じることのできる」部分があることが必要だと思うんですね。押し付けられる物語なんて、誰だってきっと嫌でしょう。

例えばキャラクター同士の好意を描くとき、それは最後には「あなたが好きです」(あるいはそれに準ずる言葉)でしめられると思うんです。でもそれはあくまで最終的な感情の発露で、自分の「気持ち」を「言葉」という枠に固めただけに過ぎないと思うんです。
その前にはなぜそのキャラクター間に好意が芽生え(雨に濡れた子犬の面倒を見ていたからでもいいです)、そのためにどんな行動を取ったかで、物語を受動する側は主人公の「気持ちを「感じ」、気づくんだと思います。それは友達の前でうっかり相手の詳細なパーソナルデータを洩らしてしまうエピソードでもいいですし、照れ隠しのためにわざと辛く当たるエピソードでもいい。深夜にベッドの上でジタバタゴロゴロと枕を抱えるエピソードでもいいと思います。
そのキャラクターがどれだけ美麗なビジュアルで、どれだけかっこよく可愛い姿で表現されたって、ひたすら安っぽい「好き好き」を繰り返すだけだったり、こちらに向かって一言、「私はあの人が好きなんですよ」と説明しちゃったりしたら全然魅力的じゃないですよね。

ぼくにしては珍しいくらい複数回見てる「時をかける少女」を見ながらそんなこと考えてました。

考えるな!感じろ!(ブルース・リー)

そして説明すんな!感じさせろ!俺!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月19日 (木)

鳥役の跳躍( from 槍司&晴音)

「行くぞ」
「ああ」
「…」
「どうかしたのか?」
「――いや、一言の皮肉もねえからさ。素直なお前って、気持ち悪いな」

-----------------------------------------------------------------------------

宣伝

「時をかける少女」、7/21(土)21:00~フジテレビにて放映!!

いや、別にフジテレビに義理も何もないのですが、せっかく手軽に見れるチャンスですからみんな見てくれー!と草の根的に宣伝をしてみる。2時間分損はさせないと思う。

「時をかける少女」が夏の映画だからということかもしれませんが、タイムトラベルには夏というシーズンが合っている気がするなぁなどと思ってみる。つっても「ゲイルズバーグの春を愛す」を愛してたりしますので、ま、結局のところ年中「タイムトラベルタイムトラベル」言ってるってことですな(←ぶち壊し)。

それにしてもテレビで予告がかかっただけですでに涙腺緩んでるってどうなのよ。

あなたと過ごした日々を この胸に焼き付けよう
思い出さなくても 大丈夫なように~♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月16日 (月)

態律の対立( from 一春&刻)

「落ち着けって。この世界の創菜を助けたって何も変わんない」
「でも、目の前であいつが消えかけてるってのに黙ってつっ立ってられるかよ!」
「だから落ち着けって。情報の価値が違うんだよ。数え切れないくらいの創菜と、一人しかいないお前だ。無数の創菜がお前の目の前で消える。片っ端から守ってなんていられない。
シンプルに考えなよ。たった一人、『当たり』を見つけて助ければいいんだ」
「何でそんなに落ち着いてんだよ!!」
「ぼくが平気だとでも本気で思ってんのか!?」

-----------------------------------------------------------------------------

流行ってるのもわかったし、そりゃちょっとでも空いた時間ができたら無駄にしないって精神は賞賛に値するけどさ。

コンビニ前でビリーズブートキャンプに入隊するのはやめてくれないかな。

店内から出てきたぼくを尻目に腕をブンブン、ブンブン。

ブンブン、ブンブン。

コンビニの明るすぎる照明に浮かび上がる腕をぶん回し続けるおっさん。

奇行以外のなにものでもないから!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 8日 (日)

「哀訴と愛想」( from アナ&刻)

「『遠くの首吊り台を憂うよりまず、足元の花を慈しめ』ってやつだね。格言だね。胸にきざむといーよ」
「…聞いたことねーし。あいかわらず言ってることわかんねーなお前。
けど、ま、できることをやるよ。できることしかできないし、考え込むのは性じゃない」
「建設的だね。土建だね。生コンとユンボと安全第一だね」
「…たぶん違うだろ。わかんねーけど」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 4日 (水)

回想の改装( from アナ&刻)

「あたしはアナ。妖精だよ」
「おいおい…ついに幻覚かよ、俺」
「聞いてまちゅかー? やばいクスリとかぶっキめてやがりまちぇんよー。セレクトボタン押しても消えまちぇんよー」
「なんだそりゃ。ってか蚊よりもうるせーな、あんた」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »