« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月26日 (月)

聴幻の調弦(創菜&刻)

「ギターを持つ者はね、世界を救わなけりゃいけないのさ。ヘイボーイ。ドゥーユーアンダスタン?」
「じゃあその手でピック持つ前に俺を救ってくれって」

---------------------------------------------------------------------------

笑わせんな。

マジ笑わせんなって。

今ごろになってマンガ化とかマジ笑わせすぎだから。

Emanon01_mid



おもいでエマノン(徳間書店)

原作 梶尾真治/作画 鶴田謙二



良すぎる。

基本的に、「作品が生まれる際、その作品はその作品に相応しい表現形態を選び取っている」と思っているので、原作至上主義だったりします。

要するに原作付きのものは原作が最も優れているというのがぼくの基本スタイルであり、だからたとえば小説の実写化でもアニメ化でもコミック化でも、メディアミックスすんならメディアを変えたからこそ出来ることってのが見たいという人間です。

「ただ動いて喋るってだけならさっさと朽ちろ」

を合言葉に生きてます。

と前置いておいて……「良すぎる」。

いや、もともと梶尾真治も鶴田謙二も大好きな小説家・絵師(鶴田謙二は漫画家でもイラストレーターでもなく平成の『絵師』でしょう)なのでどっちかって言うと嫌いな要素の方が無い訳なのですが、それにしても奇跡の化学変化。単に挿絵の段階でももちろん良かったのですが、マンガにするとこうも良いとは……。

鶴田謙二の話は前にもしてる気がしますので今回は梶尾真治と「エマノン」の紹介を少しだけ。おそらく映画「黄泉がえり」と聞けば思い当たる人も多いかなと思うのですが、日本におけるタイムトラベルロマンスの書き手の大御所です。
で、「エマノン」シリーズはですね、瑞々しいSF的思考と魅力溢れる美少女(注≠都合の良い美少女)エマノンによって紡がれる一話完結型の短編シリーズです。
このシリーズは結構たくさんのSF的要素を含みながら、ある感動すべき仕掛けによってやっぱり「タイムトラベルロマンス」として成立しています。すごく美しい仕組でぼくは好きですし、その仕掛けを背景に持つエマノンのキャラクターがこのシリーズが支持される理由だろうなぁと思います。なんせ核の部分の話なので外壁を伝うようにしか喋れないのがなんとももどかしいんですが。この機にぜひ原作、マンガ共にいかがでしょう。

本日の締めはマンガ化によってもやはり涙腺を直撃したエマノンのセリフから。

「数時間一緒にいても
数十年間一緒にいても
好きだったという思い出は
私にとっては同じことなんだもの」

一見チープにしか聞こえないかもしれないこのセリフですが、先述の仕掛けの中、エマノンが語ることでこの意味合いと重さは180度反転します。

ちなみにこの「エマノン」ですが、英語つづりで「emanon」。逆から読むと「noname」となってます。こういう言葉遊びもぼく好みです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »