« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月21日 (火)

見当の拳闘( from 槍司)

「拳を握って、相手を見据えて、しっかり構えて、で殴る。そんなのじゃ遅すぎる。
『気がついたら殴ってた』じゃなければ嘘だ。感情に追いつけない」

-----------------------------------------------------------------------------

どーもどーも、夢幻燈本舗のモキチです。

ほぼ1ヶ月ぶりの更新だなんて、ナイショだぜ。

で、1ヶ月振りに備忘録の更新をして消えます。

Photo

 

ツィス
広瀬正/集英社文庫


こりゃすごい(感想)。

集英社文庫が、「広瀬正マンスリー復刊フェア」をやってくれてて、入手困難だった広瀬正の本が次々手に入るのはまず間違いなく幸福なことで、そいつが片端から本棚に積み上がってくのは大層不幸なことですねぇ。

ってなわけで、『マイナス・ゼロ』は既読なので、復刊2冊目の『ツィス』を。

「ツィス=二点嬰ハ音」が聞こえる。

と言うところから物語は始まり、これが東京全土を巻き込んだとんでもない大災害へと成長していくというパニック小説です。

いや、これはすごい。

もともと戦後にはバンドを率いていたような人なので、音楽知識は豊富で、音の聞こえ方やメカニズムを論理的に展開しながら、『マイナス・ゼロ』で見せた東京都の詳細な描写と絡め、読み手を「音によるパニック」の世界に引きずり込みます。

で、「えええええ!?」なラスト。

毎度直木賞を引き合いに出して申し訳ないのですが、この『ツィス』もノミネート作。当時の寸評を読む限り、この人はやっぱり早すぎた。ひいき目も多分にありますが、当時きちんとした評価を下せてるのは司馬遼太郎くらいしかいないですもん。惜しいなぁ。

---------------------------------------------------------------------------

Photo_2

 

ジオブリーダーズ(1~14 続刊)
伊藤明弘/少年画報社




「男キャラ1名に女キャラ多数」の構図はモキチさん、むしろ嫌いな構図なのですが、これならよし。
女性キャラ、無駄に露出が多いですがどっちかつっと纏ってんのは色気じゃなくてむしろ埃と火薬のにおいですね。
やっぱちょいとストーリーが追いにくいような気はしますが、「綾金市」という「街」を舞台に展開する派手なガンアクションと羨ましくなるバカ騒ぎはなんだか嬉しくなります。
結局好きなんですよねぇ、大人げないバカ騒ぎ。

---------------------------------------------------------------------------

さぁ持ち上げた作品があればこき下ろす作品もありますよ。

Photo_3
ハーフボイルド・ワンダーガール
早狩武志/一迅社文庫



ジャケ買いしたら大失敗。

あんま言いたかないですが、これはひどい。

ぼくは「青春ミステリ」ってカテゴリでくくられるたぐいの物語が好きなので、そういう感じかなぁと思って手に取ったんですが、どうにも違う。

じゃあまぁ普通の青春モノとして楽しめりゃいいかと切り替えて読み進めたんですけどそれも違う。キャラクターが全然掘り下げられないので少しも感情移入が出来ない。ペランペラン。

ひどい。

おとなしめの主人公+暴走探偵ヒロインって組み合わせで、うたい文句が「ふたりだったら犯人(こたえ)は見つかる!!」とありましたが、ぶっちゃけた話二人いる意味が全くない。謎に対して二人が相対して足りないモノを補い合うって面白さが微塵もござりません。

作者がおそらく18禁ゲームのシナリオ出身らしいので、ビジュアルがくっついてゲームの形になってくればあるいはこれでもいいのかもしれませんが、ともかくぼくにとってはこれはない。

きっちり金払ってるんでこのくらいは言わせてくれ。

---------------------------------------------------------------------------

さてライトノベル新レベールの「一迅社文庫」の本をこき下ろしちゃったので最後は持ち上げまーす。

行ったり来たり、まるでぼくのテンションのようだね☆

人はそれを情緒不安定と呼びます。

Photo_4
片手間ヒロイズム
小林めぐみ/一迅社文庫



はい、ライトノベル界の女センスオブワンダーことこばめぐでございます。

ええ、ええ、そんなこと言ってんのはぼくだけですけど何か。

センスオブワンダーに男も女もないと思うのですが何か。

ともかく久々の小林めぐみ。

いつの間にか子持ちになってますねこの人。

しかしまぁ…なんと豊かな発想力だこと。

お茶の間SFの最先の一端は間違いなくここに流れてるなぁと実感。
(ちなみに4畳半SFの最先の一端は森見登美彦付近で濁巻いてます)。

縦横無尽に飛び回る人間の想像力とオヤジギャグ的言葉遊びの絶妙な融合を垣間見れます。やっぱこの人すごい。SF的な考え方のおもしろさを租借すればするほどすごさがわかってくるのでまぁなんというかスルメだな。スルメ本。

「おもしろ」のためにあらゆる要素を抱き込んで成立するのがライトノベルであってほしい(つまりもう萌え要素だけには転ばないでくれ)のでどうかこっちのベクトルにも作品群を拡大させてくれ、業界!

んでもってグッジョブ一迅社文庫!

よく見たらこのイラストレーターである結城心一は、むかし「モモエサイズ」ってやたらハイセンスなギャグマンガを書いていた人と気づく。
友達から借りてきたエロマンガ雑誌にこの人のマンガが載ってて読みふけった記憶がよみがえりました。
意外な邂逅。ってか昔から引っかかるところが結局少しずれたんだなぼくは。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »