« 涙の波雫( from 刻 for 創菜) | トップページ | 穿弓の白球( from 晴音 to 香緒美) »

2009年6月10日 (水)

総意の相異( from 剣介&鋭耀)

「『未来』が有限であることに気がついてしまったのが大人。無限の『未来』を信じられるのが子供。それが魔法の使用制限さ」
「おいおい、魔法遣いってのは、排他主義のクソムシどものなれの果てか?」

---------------------------------------------------------------------------

先日友人から「ヤの付く自由業さんちにかちこみかけたよ」との報告が。
報告が……あれ? 文字にしてみたらなんだか脚色めいてきた。ビバ虚言癖。

-----------------------------------------------------------------------------

携帯電話をiPhoneに変えてからそこそこ経つのですが、最近の悩みどころは気に入ったカバーがまだ手に入らないこと。モキチさんと言えばイメージカラーはごく深い青色。そういう色のカバーって中々ないんですわなぁ。iPhone自体は基本的に使い心地良好。使い始めの段階でまったく操作ができずはじめの2日間は基本電話を受け取ることすら出来ない感じとかマジで最高。

---------------------------------------------------------------------------

51prjjwjxvl  

時刻表2万キロ/宮脇俊三
角川書店




どうにも電車付いている今日この頃。
初版は1984年発行の本なのでなんと「国鉄」の名称が生きています。
鉄道好き時刻表好きの人たちの間では説明不要の本なのだと思いますが、ぼくが手に取ったのは単に偶然。内容としては「国鉄全戦制覇」を目指して鉄道に乗り続ける話です。時刻表の見方や鉄道図から行程を紹介していくのでもちろんその過程は十分面白いのですが、個人的なことを言うともっと電車の中の様子、駅の様子、街の様子が書かれて「旅」にウェイトを寄せているものの好きかなぁ。近頃鉄道はますますのスピード化で、夜行列車とかの旅情溢れる乗り物はどんどん無くなっていっています。「点」ではなくて「線」の旅行を愛する者としては寂しい限り。

---------------------------------------------------------------------------

41enlt04ufl 

 

エロス/広瀬正
集英社文庫



広瀬正はなぜ面白いのか。
ぼくにとっては世界構築がしっかりしているからなんだろうと思う。
話の根底に流れるのは「もしもあのときあっちの選択肢を選んでいれば…」といういわゆる「if」なのですが、物語を支えるものは緻密な風景描写と社会情勢。昭和10年代の東京があざやかによみがえります。で、視点が「街に住む人々」に固定されているのがいい。

---------------------------------------------------------------------------

Kyotai

 

緑ドン
(株)アルゼ

 



まぁ長くパチスロに触れている人にとっては「大花火」から連綿と続くドンの系譜で、緑のドンちゃんと言えば「ドン2」をイメージすると言うことらしいのですが、残念ながらぼくはと言えば北斗世代。言ってみるなら戦後派です。
さて発売前から何かと話題となっていたアルゼの「緑ドン」。ぼくは前々シリーズの「青ドン」とは比較的相性が良かったのですが、前シリーズ「赤ドン」はそのART消化手順が「ぼくは間違いなくパンクさせるそれ」という手順になっており近づかず。総合すると「まぁ別にそんなに興味は無し」という評価でした。
現在評価ひっくり返ってます。これすげぇ。
えーと、具体的に言うと50GワンセットというART「万里遊戯」が75連チャンした。おそらく設定不問で万枚の可能性があると思う。ぶっちゃけた話あまりに連チャンしたため怖くなって友達に連絡→厄払いという手順を踏む始末。ああチキンですが何か。
「ドドドンドドドンドドドンドン!」と叫び続ける万里遊戯中の音楽も相まってかなり楽しいし、相当作り込まれているのを感じます。

実はこの他にも数台書いておきたい機種があるのですが、長くなった上に相当とっちらかったんで今日はここまで。また書きます。

|

« 涙の波雫( from 刻 for 創菜) | トップページ | 穿弓の白球( from 晴音 to 香緒美) »

コメント

オイ、コラ、ワレ、ナニイットンジャ。

投稿: 名古屋方面の人 | 2009年6月23日 (火) 00時11分

やべぇ、威力業務妨害だ!
とパニくり気味に相談先を探すもそもそも最も頼れる相談先からのコメントというこの罠。ああ神様。

投稿: mokichi | 2009年6月23日 (火) 16時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109131/45300419

この記事へのトラックバック一覧です: 総意の相異( from 剣介&鋭耀):

« 涙の波雫( from 刻 for 創菜) | トップページ | 穿弓の白球( from 晴音 to 香緒美) »