« スタンド・オン・ネクスト(年末の予告通りに放送)( from 剣介&オズワルド) | トップページ | 普通の不通 »

2010年1月10日 (日)

等案の答案( from 葵 to 槍司)

「正しい、それが正しいんだ、なんてものを無理に必死に探すから――結局訳がわからなくなってしまう。答えは導き出すもの。大切なのは――あなたが掴んだその答えを、どうやって真実《ほんとう》にするか。そういうことでしょ?」

-----------------------------------------------------------------------------

なんですかね、新年早々出版ラッシュなんですかね。

気になる本がまたゾロッと出ていたので買い込んできましたので一応備忘を。


『ほしのこえ』/原作:新海誠 著:大場惑

資料。アニメ『ほしのこえ』から得られる感動を等価で再現しようとした場合に活字的にはどういうことをすればいいのかという資料。おそらく結局のところ、バックグラウンドと心象のもう少し深いところに触れるという形をとるんだと思いますが……。しかし問題はぼくがこのまぶしさに耐えられるかということ。昔MF文庫Jで出ていたものの復刊。


『宇宙賃貸サルガッ荘』/TAGRO
「四畳半」+「宇宙」です(余談ですが『四畳半神話大系』/森見登美彦がアニメ化のご様子でびっくり。いえ、本当に余談ですが)。
例えば『魔法陣グルグル』のようにですね、可愛らしい絵柄で大変とんがったことをやってくれるマンガがぼくは結構好きなのですが、そんな感じ。
長らく読みたかったマンガなのですがめでたく復刊にてありがたい限り。
先日紹介のTAGROですが、『変ゼミ』と違ってこっちはふっつーに万人にお勧めできます。


『ワールドエンブリオ6』/森山大輔

6巻発売。絵が綺麗だったり、女の子キャラを多めに投入したり、帯文でおっぱいおっぱい騒いでるけどこの人の本質ってあれでしょ? どうしようもなく切なかったり心が痛かったりそんな感じでしょ? つって半笑いでページめくったら――ホントにそんな感じでした。
もうね、やめていただきたい。ついでにですね――


『クロノクルセイド1、2』(新装版)/森山大輔

こういうことするのもやめていただきたい。
え?
ええそりゃ買っちゃいましたともAHAHAHAHAHAHA(瞳孔開ききったまんまで)!
いいんだ。いいんだ別に。
ぼくがここで買ったことで経済が回れば森山大輔が新しいマンガ描けるかもしれないんだものっ! ビバ経済活動!
ってかアニメの影響が消え去ったこのタイミングでの新装はむしろチャンスかもしれない!
いや、別に一方を褒めるのにことさらもう一方を貶す必要はないのですが……でもやっぱ真価はマンガ版にある! どう考えてもこっちだ!
今回後書きで作者が語ってますが「萌とかとえらく遠いところにいますが、それがロゼットの良いところ」――まさにその通り。
お求めやすい価格にもなりましたのでぜひこの機会に、「絶対に折れない」「突き進み続ける」ロゼット=クリストファをお楽しみ下さい。
※あ、ちなみに新装版、カバーを剥がすと、旧来のファンには特に嬉しいものが拝めます。大変粋な作りだと思います。

よく見たら新装版の話ばっかですね。
むぅ。あまり良くない兆候か。

 

|

« スタンド・オン・ネクスト(年末の予告通りに放送)( from 剣介&オズワルド) | トップページ | 普通の不通 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109131/47249531

この記事へのトラックバック一覧です: 等案の答案( from 葵 to 槍司):

« スタンド・オン・ネクスト(年末の予告通りに放送)( from 剣介&オズワルド) | トップページ | 普通の不通 »