« よろず袋 | トップページ | 幼年期の終わり »

2010年10月31日 (日)

浮沈の記録

勝った負けたに一喜一憂するのが博打渡世の性なれど。
他人が勝った話なんざ少しも面白くないのがこの世の習い。

聞きたいかい?

逆噴射2600枚の話。

さーてどうすっかなと思っていたのは間違いないのですよ。
ってのもその日は夜から用事がありまして、たぶん遅くても18:00には実戦を切り上げなてはなりません。メインにしているホールで打つのか、用事を果たす場所の近くで打つのか。じゃあま、イベント次第じゃねってことで調べたら、用事先のホールは強めのイベント。まして、このホールには兼ねてから打ちたかった機種が置いてあるんですよね。

問答無用で用事先へ行けば良かったんですけど、なんでなんでしょうね。気がつくとメインのホールに入店してました。

「決戦は金曜日」ってなイベントで、対象機種が『ギラ爺』に『ルパン3世』『デビルマン2』、『リングにかけろ』と言われたところで全部合わせたら76台。うん、それ、店にあるパチスロの3分の1が対象ってことなんだけど。今になってよーく考えるとすっかすかのイベント。ああ、なぜ気がつかなかったのです? ぼく。

と、言いつつも根拠は一応あるんですけどね。

ってのも、『リングにかけろ 黄金の日本jr.編』に一台、かなり長い間低設定で据え置かれている感じの台がありましてん。なので、そいつを狙って「もしかしたらこれ、そろそろ上げ時か? イベント対象になってるし」とダッシュで奪取。さっそく回してみたのですけど――。

『リンかけ』のシマにぼくしかいないんですよね。

どうやら『ギラ爺』とか『デビルマン2』あたりから埋まってってる様子。「打つ機種間違えたかー」と頭を抱えそうになったものの、自分の予想を信じて回してみます。

まぁアレなんですよね、こんなオカルトっぽいこと言いたかないんですけど確定級の演出外す時って大抵ダメなもんなんですよね。なんだろうね、竜児の特訓が外れるとかさ。500枚ほど回してみた物の、どうにもボーナスが引けないまま、当たる気もしないので逃げ出してやりましたよ。
そのまま見渡してみると、『リンかけ』のシマにはまだ無稼働の台があったので、上げを狙って回してみる物の、打つ台打つ台変な周期でパネルステージに突入するので、どうにも低設定の据え置きが濃厚。かと思って前日の優秀台に座ればきっちり64Gで周期がやって来る次第。そして少しずつ増えてきた後発のお客さんは、ぼくの横でさっさとボーナスを当てていく。朝食に食べたスクランブルエッグが胃もたれを起こすレベルの展開に、投資が1000枚を突破したところで『リンかけ』のシマを離れることにします。
次候補は『ルパン』だったのですが、今これ負け癖がつこうとしています。このままではズルズルと低調子に転落してしまう! と、とにかく「ボーナス」ってやつを引こうと、『ギラ爺』のシマに空き台を求めました。

ダメなときはダメというのは本当のようで。

1/100を切る確率の『ギラ爺』でまったく、何も引けません。そもそもチェリーとスイカの確率が悪いので、これは低設定濃厚と見て止めても良いのですが、ここまで1500枚の投資を越えても未だ「ボーナス」がゼロ。ここで退いたらダメだ! ここで退いたらかなり長引く! 『ギラ爺』としたら十分なハマりと言える300Gをオーバーし、何やら吐き気すら覚え始めたころにやっと「乗ってけタイム」当選。3回押し順を当てるものの、もちろんのこと「ギラギラッシュ」に突入するわけもなく。

特にこれと言ったことも起こらない『ルパン』に寄り道してから「さてと……」。「今そーとー青い顔してるはずだからね、さ、蒼い鬼でも打とうか」つって『新鬼武者』打ちにいったあたりで、若干壊れてたんでしょうね、この人。

しかし!

中段ベルの確率最悪も、強チェリーとスイカに引っ張られての200枚投資から「蒼剣ラッシュ」に突入。来たか! 逆転劇なのか! ここから3000枚オーバーなのか! 1なら1で上乗せで間違いが起こりやがれ! 気合を入れてブン回すもチェリー松明ドカーンから10Gとかしか乗らない。なんとか第三話まで続いて茜に会わせてくれたのは上出来としても、出玉はあっさり飲まれてくれるわけで。

あはは、あはは。

もはやこの薄いイベントで対象機種以外打ち歩いている時点で概ねしゅーりょーな訳なのですがそう言われたところでだって対象機種はもう基本的に押さえられてるんだもん。さあて、間違ってこの間みたいに出ないかなーつって『スパイダーマン3』に座るも、もちろんの沈黙。正直ホントに気持ち悪くなってきてて、ぶっちゃけ帰るのが一番の正解なのですが、あのね、ぼく投資がすでに2300枚越えてるのに、今日一回も「ビッグボーナス」ってやつを引いてないんですよ。ほんと「オエエ」ってなってたら『マッハGOGOGO3』ボーナス確率の良かった台が空きましたので「もう立っている気力がないのぼく」つって崩れるように座って打ってみます。

正直な話ですね、ぼくはアリストクラートの台が苦手なんです。『巨人の星』『哲也』『絶対衝撃』……嫌いじゃないんですけどどうにも勝つイメージが湧かなくて。おまけに知識がほとんど無かったんで、期待はしてなかったんですけど……投資2600枚から始まったボーナスの連打とART連チャンで一気に1000枚を突破。「よし! ここか! ここが逆転の目だな!」つって。「行くぞマッハ号!」つって。調子乗ってたんですけどね。ええ、ええ、三倍ハマリに二倍ハマリと立て続けに喰らったので心が折れました。コインはまだ600枚ほど残っています。「まぁ、『2600枚逆噴射』よりは、少しでも傷を浅くしておいた方が……」ともうフラフラでジェットカウンターにたどり着きました。結局『マッハ3』で650枚流せたおかげで逆噴射1950枚。「2600枚とか言ってんじゃねぇよ」とか言ってんじゃねぇよ。十分すぎますよこんな痛手。

ということで満身創痍のまま待ち合わせの街へと向かうのでした。

-------------------------------------------------------------------------------

とここまでが「地獄編」。

苦虫を噛みつぶした表情を浮かべられているような気もするのですが。

そう、ここからは逆転編じゃあ! ひゃっひゃっひゃ!

待ち合わせ場所に着いたもののもう3時間くらいは動けそう、ということで冒頭に書いておいた「打ちたかった機種」を打っておくことにしたのです。それがSNKプレイモアの『極お父さん ~舞い降りた天使~』。SNKの台は『スカイラブ』『七色未来』『餓狼伝説』『メタルマックス』と、好きなの多いんですけど、この『お父さん』シリーズも好きな物のひとつ。今回超強力なフラグを搭載してシリーズ第3弾が登場とのことで気になっていたんですが……なんせ導入が少なくて。

取り敢えず、「まぁどんな感じかわかればいいんで……」とそれほど気にせず座って打ち始めたら、結構コイン持ちが危うい。「う~するする飲み込むなぁ」と思っていたら、250枚入れたところでART「バトルチャンス」に突入。継続率&セット管理のARTなので「まぁこれでしばらくは投資せずに済むな。できればちょい浮きさせてくれ」って思ってたんですけど、そのART中にリールフリーズ。

「……ん、おい……まさか……」

Photo_2

『極お父さん』通常時「極」揃い。

最強フラグ降臨!

『極お父さん』最大のウリがこの「極」揃い。

・払い出し13枚
・BIGとの重複確定
・66%継続の無限ART「極バトルチャンス」を1個ストック
・66%以上継続のART「バトルチャンス」を1個ストック
・確率1/16384(設定6だけ1/32768)

まさに最強フラグの名に恥じないゴージャスすぎる構成。これが引きたかった! このために打ってみたかった! 午前中の試練はこのためだったかぁ!

「うおぁあああああああああああ!」

内心の興奮を押し隠しつつ、そして襲い来る「あれじゃね? 薄いとこ引いてすぐ終わる、みたいなやつじゃね?」というネガティブシンキングを追い払いつつリールをブン回すと、1回、2回、ボーナスを引いてもなんとか動じることなく「極」ランプは点灯、無限ループを続けてくれる。30Gごとの継続抽選はもちろん関係なし、とにかくアクセル全開でぶっ飛ばす。出玉は1000枚から1500枚を突破し、

「見えてきた! ちゃらじゃねぇ! 怖ろしいことにプラスが見えてきやがった!」

お父さんファミリーのストーリーも進行し、中ボス撃破、ロボ出動を通ってエンディング達成! エンディング? 終わるの!? 終わっちゃうの!? しかし再び「極」ランプ点灯。すげぇ、この台のエンディング、終わらねぇ!

出玉は2000枚を越えて3000枚に迫る。ARTは50連を突破。

「プラスだ! 勝った! 勝ちだ!」

信じられない気持ちが満ちていくのですが、困ったことにぼくにはもう時間がない! 複数との、それもめっちゃ親しい友人との待ち合わせって訳でもないので「わりい! 出っぱなしで少し遅れる」「おうわかった」って訳にもいかない。「極」を引いた瞬間から実は演出ほとんどすっ飛ばしてるくらいで……むぅ、やだぞ。『押忍! 操』の時みたいに無限ARTを捨てるのは嫌だぞ。って思ってたらそこで引いたBIGでどうやら無限ループからは落っこちた様子。無限中にストックしてたARTを全部消化しきったなというあたりで無事に終了と相成りました。最終的にはART67連、獲得枚数3390枚(一撃)。

大満足で即止め。約束の時間にもきっちり間に合いました。

台の雑感としては……ボーナス&ARTの確率は甘めに設定されているのでそこそこ当たって楽しめるとは思うのですが、ボーナスの獲得枚数はBIGでも200枚、ARTは30Gワンセットなので、大勝ちを目指すには「極」揃いの一発か95%ループのARTを引っ張ってくるしかないんじゃないかと考えると、少し厳しめですね。ARTが完走型なのは個人的には好きなんですけど、無駄引きが出てきちゃうともったいないなぁ。

演出とか(まともに観られなかったのは悔しいですが)音楽はいいと思います。音楽に関して言うと、SNKの台には好きな物が多いんですが、それを他の台で聞けるってのはいいですね。この『極お父さん』ももちろんそうで、BIG中『スカイラブ』の「溢れる夢が~♪」とか『七色未来』の「夢の中で抱きしめた~♪」とかが選択できるので、時間ないにもかかわらずひとりでニヤニヤ悦に入ってました。

そんなとこ。ちょっと「極」に出玉の期待値をかけすぎているので、他が辛めになっているのかも知れません。次回以降打つとしたら少し気をつけなくちゃですね。

ちなみに、ぼくの空けた台をさっそくお姉さんがハイエナしてたけど、それ、極揃いのマグレ勝ちで、明らかに低設定ですよ、と。このあたりもよく見とかないと危なそうです。
あ、それから、やっぱ東京は特殊景品の値段をどうにかしてくれ。あまりが40枚って……。タバコは吸わない、これから出かけるので、重量のある飲み物とかはもらいたくないってことで……結局カロリーメイトを8箱ももらうことになりましたよ。

|

« よろず袋 | トップページ | 幼年期の終わり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109131/49895721

この記事へのトラックバック一覧です: 浮沈の記録:

« よろず袋 | トップページ | 幼年期の終わり »